佐賀市で食べ飲み放題の居酒屋と言えば「とりかに合戦」

佐賀の食べ放題・飲み放題のイメージを一新します!!

 

食べ放題と言ったら、よくあるような冷凍食品や、揚げ物が並んで

空腹を満たすだけのお店が多いですよね?

 

とりかに合戦では、多くのお客様に支えられ、営業を重ねてきました。

その中で、一部のお客様から

「食べ放題ないの?」と聞かれることが多くなり

お客様の要望に応えるお店「とりかに合戦」は

早速、食べ放題のメニューを考案してきました。

 

多くのお客様に愛される味、多くのお客様が「食べ放題なのにこれはスゴイ」と言ってもらえるように

研究に研究を重ね、若者だけでなく、女性や40代以上の方にも喜んでいただける「ヘルシー」さを

追求したメニューになっております。

 

 

 

食べ放題、飲み放題のメニュー

 

鶏ちゃん焼きのコース  2500円

飲放題付き

12987077_944626032299187_5379391360775984302_n

 

 

そもそも「鶏ちゃん」とは?

 

鶏ちゃん(けいちゃん)とは、岐阜県郷土料理の一つで、鶏肉を使用した料理である。「けいちゃん」とも表記され、「鶏ちゃん焼き」ともいう。 ぬ 元々は飛騨地方南部の下呂市(旧益田郡)や高山市南部、中津川市北部、奥美濃地方の郡上市家庭料理である。

 

起源

 

北海道ジンギスカン料理が起源になっていると言われる。日本では1918年(大正7年)に軍隊、警察、鉄道員用制服の素材となる羊毛自給をめざす「緬羊百万頭計画」が立案された。

 

その早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加を企図した。しかし日本人は従来、羊肉を食べる習慣がほとんどなく、産業廃棄物として畑の肥料として使われるような状態だった。

 

この状況下、北海道では羊肉の臭みを消す調理法としてジンギスカン料理が生まれた。その後ジンギスカン料理は他の地域にも広まるが、局所的なものに限られた。

 

岐阜県においても例外ではなく、かつて羊の飼育が盛んだった地域でジンギスカン料理が広まるが、一般に普及せずに、牧羊が途絶えると同時に消滅した。しかしその調理法を応用して、鶏肉を同様に調理するようになった。これが鶏ちゃんの始まりである。

 

羊肉か鶏肉かという違いを除けば、味のついた肉を野菜と一緒に焼いて食するという点において、ジンギスカン料理と同一である。

また「鶏ちゃん」の名称は、同じく北海道の名物料理で、魚を焼く類似の料理「ちゃんちゃん焼き」に由来すると言われる。

 

カニ食べ放題コース   5500円

飲放題付き

 

photo_2480x360-300x225

 

店主の独自ルートから仕入れた上質のおおぶりなカニを破格値でお届けします。

90分間、カニ食べ放題、飲み放題です!

おかげさまで連日ご予約いただいてますので、お早めにご予約してお席を確保することをオススメします。

 

 

 

 

問い合わせ・ご予約はこちら